ブルーベリーの効果や効能は?

ブルーベリーが健康食品として使われているのは、ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分があるからなのです。アントシアニンは、ブルーベリーの青紫色のもとにもなっている成分で、優れた抗酸化作用があり、ロドプシンを再合成させるはたらきを助けてくれると言われているのです。

 

ロドプシンは、目の網膜にある感光分子なのですが、このロドプシンが光を感じると視神経に光で感じた情報が脳に伝達され、結果的に目で物を見ることが出来るという状態になるのです。

 

光を受けたロドプシンは、ビタミンAに分解されるのですが、再合成をされてまた本来の働きを取り戻すのです。

 

ただ、目を限界以上に使い過ぎてしまうと、ロドプシンの再合成が行われるまでに次のロドプシンが必要となってしまい、それによって視力が低下したり、目が疲れてしまうなどの問題が生じてくるのです。

 

ロドプシンの再合成を活発に行わせるためには、アントシアニンを摂取するのがとても有効的なのです。ロドプシンの再合成をサポートする以外にも、アントシアニンには網膜にある毛細血管を外からの刺激から保護したり、角膜や水晶体にあるコラーゲンの量を正常な状態に保ったり、血の巡りをよくするなどのはたらきも行っています。


  • 大正ブルーベリー