ブルーベリーと関係性の強いビルベリー

ブルーベリーサプリメントの主原料としておなじみのビルベリーエキス。このビルベリーというのは、ブルーベリーの一種というよりは、ブルーベリーの原生種といえるものです。北ヨーロッパの自然に生えている種類なので、日本では生の果実をみかける機会はまずないのではないでしょうか。

 

製菓材料などで、粒の非常に細かいドライブルーベリーをみたことがある方もいらっしゃるのではないかと思いますが、もしそのブルーベリーが北欧産であれば、ビルベリーの可能性が高いです。アメリカ産の場合には、同じ野生種でもカナダや北アメリカに自生しているものでしょう。

 

ビルベリーの力

ビルベリーは酸味が強く、あまり生食には向かないブルーベリーです。けれども、普通のブルーベリーとビルベリーをそれぞれ握りつぶしたときの手のひらを比べてみると、まったく違うというくらい色素が多く、この色素である「アントシアニン」が目の「見る力」をサポートする働きに優れていることから、サプリメントの原料として人気を博すこととなりました。

 

日本ではあくまでも食品として認可されているサプリメントでの摂取にとどまっていますが、ヨーロッパではビルベリーエキスが薬として認められている国もあるということからも、効果の高さがおわかりいただけるでしょう。

 

ビルベリーがアントシアニンをたっぷり含んでいる理由は、北欧ならではの風物詩、「白夜」、にあります。白夜は「1日中太陽が沈まない日」のことをいいますが、太陽が沈まないということは、当然1日中多量の紫外線を受けることになります。

 

ビルベリーは白夜の間、紫外線から身を守るために、せっせとアントシアニンを生成します。その結果収穫時には、普通のブルーベリーの5倍以上ともいわれる豊富なアントシアニンを蓄えている、というわけです。

ビルベリーはブルーベリーと結びつきが強い | ブルーベリーサプリメントランキング記事一覧

日本では「目に効く果物エキス」として知られているビルベリー。とはいってもたかが果物でしょ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。確かに日本では、果物をはじめとした植物の力は「民間療法」や「健康食品」の範疇にのみ入っていることが多いので、本当に効くのかいまいち信じられないというのも仕方のないことです。アントシアニンの補給が目を助けるけれど...
詳細を見る
ブルーベリーの原生種といわれる ビルベリー。ビルベリーは、カナダの砂地や北欧の森林のほか、低樹木地帯に自ら生息します。別名はホワイトベリーとも呼ばれており、ブルーベリーの野生種になるのが、このビルベリーです。ビルベリーの果実は黒紫色をしています。ビルベリーが自生する北欧の地域では、果実が成熟する夏は白夜になるので太陽が出ている時間が多く、...
詳細を見る

  • 大正ブルーベリー