白内障の予防法としてのブルーベリー摂取

年をとるとともに、かなりの高確率で多くの人が発症する目の病気が、白内障です。50歳くらいから、白内障になる人は徐々に増加し、70歳代では8割近く、80歳代では9割近くの人が、白内障を発症するという統計もあります。

 

白内障の症状は、初期段階では、光が眩しく感じることが多くなります。そして徐々に白内障が進行して悪化してくると、目がかすむ、ものみたときにぼやける、ものが二重に見えたりするなどの症状を引き起こします。

 

白内障は、老化現象の一部と考えられています。また体内に活性酸素が多く発生すると、それに伴って老化が促されるとも言われています。その影響で、目に必要なルテインという成分が不足したりするのが原因の一部となります。

 

多くの人が、かなりの高確率でかかる白内障ですが、基本的にそれが原因で失明などの大事に至ることはありません。また治療は簡単ではありませんが、手術をすることで完治が可能です。手術自体も、そう難しいものではなく、目に局所麻酔を施した後に、切開して濁った水晶体を取り出し、代わりとなる人工のレンズを入れるというものです。手術自体の時間は30分前後で終わるもので、日帰りでも手術を受けることができます。

 

この手術で、ほぼ元の状態に戻りますが、新しい水晶体になれるまでは、違和感を感じたり、また手術後はドライアイになってしまうケースもあります。また元の状態に比較すれば、視界のピントが合わせにくくなったり、多少目がかすむなどを感じる人もいるようです。

 

誰もがなる病気と言えども、ならないに越したことはないですし、なるにしても少しでも時期を遅らせたいとは、誰でも思うことです。白内障の発症を予防するには、目に良いといわれるサプリメントの摂取も、非常に効果的だと言われています。


  • 大正ブルーベリー