緑内障を防ぐためにはブルーベリーサプリを摂るのがいい?

目の病気の有名なものの一つに、緑内障というのがあります。緑内障というのは、目から入ってきた情報を、脳に伝える視神経に障害が起こることで、視野狭窄(見える範囲が狭くなる)を起こす病です。

 

緑内障は、治療が遅れると失明することもある恐ろしい病気です。実際に中途失明の原因の第1位にもなっているほどです。そして40歳の20人の一人は、緑内障にかかっているが、9割が気が付かずに未治療の状態だとも言われています。

 

緑内障になる直接の原因は、眼球内の圧力(眼圧)が高くなることですが、多くの場合は、なぜ眼圧が高くなったのかの根本的な原因は分からないようです。加齢と共に、緑内障になる人は増えていきますが、老化現象とは別の理由が原因だと考えられています。

 

緑内障の症状は、視野狭窄がでる以外にも、目の痛み、頭痛、吐き気などがでることがあります。初期段階では、視野狭窄も必ず自覚的に発生するわけではないので、緑内障だとは気が付かずに、内科を受信する人も多くいます。

 

また激しい症状が出ないケースも多くありますが、治療せずに放置しておくと、かなりの確率で失明に繋がりますから、おかしいなと思ったら、診断を受けることが大切になります。

 

そしてこの緑内障を予防することにも、目に効くサプリメントは有効です。ブルーベリーサプリメントに含まれているルテインは、活性酸素を除去することで、目の機能障害を予防してくれます。

 

目は日常生活にとても大切な部分ですので、普段からケアを怠らないことが、必要です。


  • 大正ブルーベリー