眼精疲労の原因を知って少しでも早い回復を

一般的に眼精疲労とは、眼を酷使し過ぎたことにより疲労が回復できなくなった状態を指すものです。眼精疲労を起こす原因について代表的なものを幾つか説明しますので参考にして下さい。

 

昨今ではオフィスでデスクワークをすることが多くなり、眼を酷使することで眼精疲労を発症することが増えています。症状としては目の痛み頭痛肩こりですが、これには二次的要因があると言われています。まず、コンタクトや眼鏡の視力矯正が十分でない場合に、長時間眼を刺激することで発症することがあります。

 

次には、「ドライアイ」を併発している場合、眼の保水力が低下している為、通常よりも眼に疲労が溜まりやすいことで眼精疲労を発症し易くなるのです。斜視の人も焦点を調節する機能が上手く働かない為に、必要以上に視神経を使うことで眼精疲労になり易いものです。

 

この他には眼に疾患があり、それが原因になっている場合があります。代表的なものは「緑内障」で、これによっても眼精疲労が起こり易いと言われています。

 

緑内障とは視野が狭くなり痛みがある病気で、比較的発見されやすいので早めに眼科の診察を受けましょう。また、白内障の手術等、他の眼の疾患により手術を受けた直後には、一時的に眼精疲労が起こり易くなります。


  • 大正ブルーベリー