ルテインは私たちの体にどのような効果を与えるのか?

ビタミンやコラーゲンといった栄養素に比べると、ルテインはあまりなじみのある成分ではないかもしれません。けれどもルテインは私たちの身体、特に「目」になくてはならない成分です。

 

目にいい成分というと、ブルーベリーやビルベリーに含まれている「アントシアニン」が近年注目を集めていますが、アントシアニンと同様、PC作業やスマートフォン操作で目を酷使している方や、年齢とともに目の衰えが気になってきている方には、ルテインもぜひ積極的に摂ることをおすすめしたい成分です。

 

ルテインの働きについて

目におけるルテインの具体的な働きは、主に「有害な光線から目を守る」ことです。有害な光線の代表的なものには紫外線がありますが、最近影響が深刻になってきている光線に「ブルーライト」というものもあります。

 

ブルーライトとは、目に見える光線のうち、もっともパワーが強い青い光のこと。PC携帯TVなどの液晶画面から発せられています。長時間のPC作業によって生じる目の疲れは、このブルーライトによるところが大きいといわれており、ブルーライトをカットするフィルターや作業用の眼鏡も発売されているくらいです。

 

ルテインは、いわば天然のブルーライトフィルターです。網膜まで届いてしまうブルーライトを吸収し、目のトラブルを防ぎます。年齢とともに目の病気にかかる方が増えるのは、ルテインが不足することによって、その抗酸化作用が得られなくなるからだといわれています。

 

ルテインは緑黄色野菜に含まれていますが、普段の食生活で十分な量を摂ることが難しい方は、サプリメントを利用するのも手です。


  • 大正ブルーベリー