ルテインの必要摂取量について

目を紫外線やブルーライトから守る働きをしているルテインは、PCを使って1日中仕事をしている方を中心に、目の健康や視界が気になる方すべてに積極的に摂ってほしい成分です。

 

ルテインを毎日の食事で摂るには、緑黄色野菜を摂り入れるのが手っ取り早い方法です。馴染み深い野菜の中では、ほうれん草に含まれる量がもっとも多いのですが、では、ほうれん草でルテインを摂るとしたら、1日にどれくらいの量を食べれば、ルテインの必要量を満たせるのでしょうか。

 

1日に必要なルテインの量は、10mg程度といわれています。また、目をよく使う人、すでに何らかの目の病気を抱えている人はそのさらに2倍から4倍くらいの量のルテインを摂ることが推奨されています。

 

野菜には食物繊維が多く含まれていることもあり、口から摂ったルテインが全て消化吸収されるとは限らないので、そのことを考慮にいれても、30mgから40mgは摂りたいと考えられます。

 

さて、ほうれん草にこのルテインの量を換算してみると、40mg摂るならだいたい400gくらいのほうれん草を食べる、ということになります。ルテインは加熱調理をしても壊れにくいので、ゆでたり炒めたりすればなんとかクリアできないこともない量、といえるのではないでしょうか。もちろん人参など、ほうれん草には劣りますが他の緑黄色野菜にもルテインは含まれているので、うまく組み合わせると乗り切りやすくなります。

 

とはいえ仕事や生活の都合で緑黄色野菜が摂れない日も出てくるでしょう。そういうときには、天然ルテインの配合されたサプリメントを利用してみてください。


  • 大正ブルーベリー