ルテイン体から足りなくなると起こる問題

ルテインは、眼に良いとして、最近話題を集めている成分です。目に効くというサプリメントをみてみると、ルテイン配合の商品が多数!

 

そもそもルテインとは、私たち人間の体の中に存在する(健康に欠かせない)成分です。ですが、このルテインは、目を酷使することや、ストレスや喫煙などといった生活習慣の乱れによって減少し、また老化によっても減ってしまうことが分かっています。では、ルテインが不足すると、どうなるのでしょうか?

 

目のトラブルの原因はルテイン不足だった

ルテインの不足は、(目が疲れやすくなるだけでなく)緑内障白内障黄斑変性症飛蚊症といった様々な眼のトラブルを引き起こすと考えられています。

 

年配の方ほど目のトラブルが多いのには、加齢に伴うルテイン不足が原因となっている可能性があるのです。また最近は、パソコンやゲーム機などを長時間使用することにより、若い年齢層にもルテイン不足が広がっているという指摘もあります。

 

そのため、目のトラブルを避けるためには、眼を休ませる時間をつくることと、意識的にルテインを摂取・補充することが大切だといえるでしょう。

 

なお、ルテインの1日の摂取目安は10〜20mg。ルテインは、ほうれん草やブロッコリー、ケールといった緑黄色野菜に多く含まれていますが、例えば、ほうれん草であれば1日の摂取目安を達成するために100g〜200g程度食べる必要があります。

 

一種類の野菜から十分なルテイン量を日々摂取するのは大変ですね。ですから、色々な野菜を積極的に摂取したり、足りない部分はサプリメントで補ったりするといいでしょう。


  • 大正ブルーベリー